精神的疾患の原因と代表的症状、また予防法について

最新システムは素晴らしい

女性

昔と違ってかなりアプローチしやすいです

自虐傾向の高いうつの場合はご本人さんをはじめ、周りもとても大変な場合が多いですので、良心的で親切な病院を選択する必要があります。自虐傾向の場合は本人さんに攻撃性が向かいますが、逆の場合もありますから、しっかりと状況を説明する必要があります。勿論、話を上手に聞いてくれて、内面を引き出してくれる先生や医療機関が見つかれば素晴らしいですが、自分たちでも事前に情報を集める等の行動は起こしたほうが良いかもしれません。初めて見てもらった病院だけの意見を誠実に参考にする手段もありますが、セカンドオピニオン等で、より確実に自分の状態を改善にもっていくこともできますので、あまり遠了しすぎず、どんどん先生等に質問をしてみても大丈夫かもしれません。ポイントは、自分が受ける施術や状況をしっかりと説明してもらう事と、セカンドオピニオンによる冷静な視点です。そして、ドクターや医療機関が持っているうつの治療方針が、自分の希望するものと合致しているかチェックすることも大切です。どの治療方が正しくて、それが間違っていてという視点ではなく、あくまで自分に合うかどうか、自分が納得できるかどうかで見極めることが大切で、結局は自分の責任で、自分で選ぶ力が大切になってきます。

自虐傾向が高いうつの場合は、全体的に子供のころの環境や人間関係等で、自分を責めてしまう思考回路ができてしまっている場合も少なくありません。勿論、本人や親などの遺伝の要素もありますし、遺伝によるアプローチは今どんどん研究が進んでいますが、すべて遺伝で解決するわけではありません。脳の機能に対するアプローチの他にも、自分の持っている思考回路を調整しておいた方が、再発の防止という視点からも安心できます。そして、最近のうつの画像診断の技術はめまぐるしく、画像で確認しながら治療を進めることも可能な時代ですが、あくまで心が軽くなり、日常生活に支障をきたさなくなることが大切ですので、あまりに薬品に頼りすぎるよりも、認知行動療法などで、自分の考え方の安全な方向へのしっかりとした修正を目指す、という思考のほうが良いかもしれません。自分を責めなくなると自虐も減り、精神状態も安定してきますから、人間関係も円滑になる可能性も勿論否めません。また、自虐に限らず、自分でもストレスがたまったなと感じた場合、気軽に治療を受け、事前に悪化しないようにケアしておくという便利な方法もありますから、自分のタイプにあった手段を選ぶと良いです。ですから、なるべく自分の職場から近い病院等を探すと、実際に通うときに大変便利です。

Copyright© 2019 精神的疾患の原因と代表的症状、また予防法について All Rights Reserved.