精神的疾患の原因と代表的症状、また予防法について

早く病院にかかること

悩む成人女性

医師に相談できる環境を整える

意外と目立たないところで増えているのが自虐うつという新しい形の病気です。一見地味に見えるので、会社の中でも目立たないポジションにありますが、実は自己愛は人一倍強いため、プライドが高くて傷つきやすいという側面を持っています。さらに、自虐うつの人の場合、失敗や挫折を極度に恐れることから、一度挫折を味わってしまうと社会復帰するまでに時間がかかってしまったり、身の回りのことが一切できなくなってしまうなどその豹変ぶりは周囲を驚かせることにつながります。社会が複雑化する中で自分を受け止められなくなってしまい、ルールから外れたり他人から評価されることを極度に恐れるあまり、自分のネガティブな面を受け止められなくなってしまうのです。日本社会においては、中年男性の2割り程度が自虐うつの傾向が強いと言われており、ちょっとした叱責や失敗にも耐えられなくなってしまう傾向が強いです。こうした潜在的なうつ病の治療には、出来るだけ早く自分を認めて病院にかかり、規則正しい生活を心がけることが一番の回復方法であると考えられているのです。家族が気づいてあげることも大切ですが、自分で弱みを見せることができる場所を生活の中で確保しておくことがとても重要です。

自分の弱みを見せることが苦手だという人、何事にも完璧に遂行しなければ気がすまないという自虐うつの場合、相談できる精神科医の存在が人生を左右することがあります。たしかに、病院にかかることは好きではなくできれば病院に行かなくてもすむように生活したい、と考える人も多いです。しかしながら、主治医として悩みを相談できる医師の存在は、人生の難しい立場に立たされたときに気持ちを和らげる事ができるので、自虐うつの傾向が強ければ強いほど主治医を探しておくことに意味があると言えます。自分がいじられることを極端に嫌ったり、自分の立場を守るために保守的な地位を築くことに執着する傾向がある場合にも、この自虐うつの傾向が見え隠れしています。対策方法としては、主治医を見つけることがとても重要です。自分の失敗や悩みを打ち明けて、必要であれば投薬を受けることができる環境にあれば、症状を悪化させる前に治療を受けて、規則正しい生活を贈ることができるようになります。生活リズムの乱れは自虐うつに大きく関わってくるところでもあるため、早い段階で治療を受けて生活リズムを取り戻すことが何よりも重要なポイントです。自分の弱みをさらけ出せる場所があるとさらに良いです。

Copyright© 2019 精神的疾患の原因と代表的症状、また予防法について All Rights Reserved.